駿河屋日本橋オタロード買取センターで売る際の注意点

色々売りに行ってきた時のレポート。

並ぶ


AM10:30 開店前、店に向かって右側に人が何人か居たけど、気にせずシャッター前の中央に陣取ると後に人が続いた。11時の開店時には10人以上並んでいたが、全員が買取目的の人では無いと思われる。

受付


日本橋オタロード買取センターでの買取の流れは、一旦モノを全て預け、査定を待って1,2時間後に連絡を受けて結果を聞く方式で、最初に以下の説明を受ける。

・バーコードの無い物は1円買取
・同種で複数個の買取は2点目以降減額

持って来た物でバーコードが無い物を探す。90年代の本やCDはバーコードが無い物があり、今回は売却を断念。この買取方針は大阪日本橋本館でも同じとの事。
ゲーム、CD、書籍、食玩で30個程の査定を依頼し、別の用事をして時間を潰す。

1時間30分経過


まだ電話が来ないので様子伺いで店舗へ行ってみると、@30分かかるとの事。
そして査定依頼した食玩はバーコードはあるけど読み取ると複数件ヒットするので、買取検索でそれらに関して駿河屋の管理番号を調べてきて欲しいと言われる。

食玩は1シリーズの販売でいくつか種類があるせいか判別できないようで、そのまま店先で調べて買取番号を提出すると、「再査定なのでまた1,2時間お待ち頂きます」との事。そこまで暇でもないので食玩も査定断念。事前に買取検索して値段が付くのが分かっていた物を持って来たが、その内の半分を断念したことになる。

査定結果


査定金額に関しては前述のとおり買取検索である程度分かっており、CDとゲームソフトの状態が良くなかった物で若干の減額が入った&状態不良で買い取れないと言われた物もあったが金額は満足の域。同業他社最大手のブックオフで売れば今回の額の半値くらいにしかならない事を考えれば感謝しか無い。駿河屋さまさまです。

がしかし、査定に出した中で1点バーコードが無い物が紛れてしまい、本来なら400円の買取価格だった物が1円となってしまっていたのを後で気付いた。少額だが痛恨のミスといえる。

駿河屋とブックオフの比較


CD、DVD、ゲーム、本において、CDはそこまで差は無いけど他は大体駿河屋の方が買取価格が高い印象(特にゲームの価格差は顕著)。ブックオフはフィギュアの買取検索が無いため価格不明。

他店舗との比較


関東の駿河屋の某店舗に行ってみたところ、そこでは目の前でバーコードを読んで査定する方式で待たされる事は無く(カウンター前に着くまでの列がある時もあるが)、前述の買取不可のCD、ゲームを見てもらったところ、状態不良で100円程度の減額は入ったものの普通に値を付けて買い取ってくれた。また、バーコードが無い商品でもISBNや商品タイトルで調べてくれたりしたので割と丁寧に見てくれる印象で、日本橋では店舗で判断がつかなかった食玩も店員が調べて即買取だった。

駿河屋日本橋オタロード買取センター、大阪日本橋本館ではそういった事はやってくれず、長時間の待ちもあって店舗の対応力は低いと言えるが、立地が良いので査定を簡略化して大量の客を捌いているのかもしれない。店員に聞いてみたところ、店ごとのサービス内容の差異は店長の方針によるとの事。"買取センター"と店名に書いてあるので割としっかり調べてくれると思いきやそうでもないので、もし近所に駿河屋の店舗があれば、わざわざぽんばしまで来て売るメリットは無い。

買取時の対策


今回は家にあった物をかき集めてそのまま持って行ったが、この日本橋の店舗を有効活用したい場合、以下のサービスで管理番号を事前に調べて伝えるという作業が必須といえる。


あんしん持込とスマ得買取の違い


それぞれのメリット/デメリット。

あんしん持込
 ・メリット
  ・ネットから買取を依頼したい物をカートに入れて送信し、本部が
   値段を確定。ネットに表示の買取価格が最新ではない場合があり、
   最新の価格で金額提示&金額が保証され(※有効期間有り)、
   後述のスマ得買取のデメリットが解消される。
 ・デメリット
  ・価格の確定連絡の返信が数日かかるのですぐに持ち込めない。
  (経験上、10品目で4日かかった)

スマ得買取
 ・メリット
  ・ネットから買取を依頼したい物をカートに入れて送信後、
   すぐに店舗で売りに出せる★
 ・デメリット
  ・買取価格が変動したり、持ち込む店舗の在庫量によって店頭で
   価格が変わることがあり、カート追加時の値段が保証されない。

基本的には売るまでに時間がかかるものの値段がブレないあんしん持込推奨だが、時間が空いたので今日売りたい!という時はスマ得買取が便利なので私はスマ得買取派。実際に持ち込んだ際の価格のブレはあるものの、経験上大した金額のブレではなかったのが理由となる。

その他、"あんしん買取"、"かんたん買取"という、家から箱に詰めて送って査定してもらうサービスもあるが、全部終わるのに1か月以上かかる。それぞれの買取方法の詳細は駿河屋のサイトを確認されたし。

結論


どの店舗に持ち込むにしても、査定時の手間や時間を減らすためには最低限スマ得での事前入力はしておいた方が良き。サイトで会員登録+売りたい物を選択+持込店舗指定の簡単3ステップです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました